前職は何をされていましたか?

新卒で入社した生命保険会社では3年間生命保険の営業をしていました。目標を達成するには今何をすべきか、論理的に考える力を身に着けました。環境にも恵まれ、仕事も順調でしたが、この仕事を一生続けていく自分がイメージできずにいました。自分のなりたい姿について考えた時に、いつの時代でも役立つ普遍的なスキルを身に付けたいと思い税理士を目指すようになりました。その後会計事務所に転職し、基本的な会計・税務の知識はもちろんのこと、業務の効率化や仕組み作りを学びました。

現在の仕事内容は?

一般的な総務のほか、主に国内ピアラの会計・税務全般を担当しています。請求書発行、会計データ入力、社内帳票チェック、月次試算表作成、キャッシュフロー計算書の作成、社会保険業務など多岐に渡ります。いずれは会計・税務の視点から経営の意思決定にも参加できるようになりたいと思っています。

仕事をする上で大切にしていること

常に会社が成長していくために必要な情報は何かを考え、言われる前に準備するようにしています。社長は一つ一つの取引を見ているわけではないので、前月、前年と比較して数字が大きく動いたところは当たり前ですが必ず報告をします。最近は事業の幅が広がって会計が複雑化しつつあるので、シンプルかつ分かりやすい月次報告を心がけています。ピアラのような成長過程にある会社はイエスと決まればものすごいスピードで物事が進んでいきます。ただ資金がないと事業に投資することができません。そのため資金繰り等の財務状況もリアルタイムで把握・報告をする必要があります。チェックリストを活用したり、エクセルを駆使して効率化を図っています。時間に余裕が出来ることによりミスが減りますし、新たな業務に時間を費やすこともできます。最近は内部統制の整備に注力していますが、こちらについてもスムーズに進められるような仕組み作りを検討中です。

matukawa_07

入社して成長したことは?

私が入社する前は会計の細かいところだったり、税務や社会保険業務に関しては税理士任せにしていた部分がありました。管理本部という部署は業務を数字として表すことが困難なため、業務に関しては徹底的に効率化して、少しでも会社に貢献したいと強く思っています。今まではいわゆる士業の方にお願いするような手続きも自分達で行うので、コスト削減にもなりますし、自己成長にもつながっていると日々感じています。

こんな人と一緒に働きたい!

変化に柔軟に対応できる人、自分で何をすべきか考え行動に移せる人。単なる総務・経理だと物足りない人という人はピアラに向いているかもしれません。ただ総務・経理はよく縁の下の力持ちといいますが、実際は地味で面倒な作業が多いのも事実です。そういう作業にも苦手意識がなく前向きに取り組める方、是非お待ちしています。

matukawa_10